撮影日記神社・寺院

ちょ撮記 橿原神宮でネズミの大絵馬を見てきました!

橿原神宮/大絵馬

橿原市にある橿原神宮かしはらじんぐうネズミの大絵馬を見てきました!

橿原神宮の境内にはその年の十二支を描いたとても大きな絵馬が飾られています。
毎年11月末に次の十二支にかけ替えられ、一足早く新年の訪れを感じることができます。
今年はねずみ年ということですごく楽しみにしていました。

撮影日:2020年03月06日(金)

H2タグ1番目
広告

橿原神宮の大絵馬

ネズミの大絵馬

橿原神宮/大絵馬(ロング)

大絵馬は外拝殿に飾られています。
1960年(昭和35年)に徳仁親王殿下のご誕生を奉祝して制作されました。
それ以来、毎年恒例となっていて今回で61回目を迎えるそうです。

橿原神宮/大絵馬

原画を手がけたのは橿原市在住の日本画家の藤本静宏ふじもとしずひろさんです。
藤本さんは上村淳之うえむらあつしさんから引き継いで2012年(平成24年)から原画を担当されています。

橿原神宮/大絵馬と外拝殿

橿原神宮の壮大な外拝殿にも映えるとても大きな絵馬です。
高さ4.5メートル、幅5.4メートルで畳約14枚分、授与品の絵馬の1600倍の大きさです。

広告

イノシシの大絵馬

橿原神宮/大絵馬(右)

木目模様で気の流れを、ネズミが向かい合う様子で絆を表現しているそうです。
うーん、実験用のマウスみたいであまりかわいくないですw

橿原神宮/大絵馬(亥)
※別の日に撮影した写真です

こちらは昨年(2019年)撮影したイノシシの大絵馬です。
イノシシの家族が勢いよく走る姿がカラフルな色彩で描かれていてかわいいです。

橿原神宮/大絵馬と畝傍山

12月中は年賀状用に大絵馬と並んで写真を撮る人が多く見られるそうです。
大絵馬は近畿日本鉄道が奉納しているので、これからも続けてほしいですね。

全国各地の絵馬をカラーで解説
H2タグ2番目
広告

アクセス情報

■ 橿原神宮 (かしはらじんぐう)

サイト http://www.kashiharajingu.or.jp/ (公式)
所在地 奈良県橿原市久米町934
電話 0744-22-3271
宗派 神社本庁 ※別表神社
社格
勅祭社
旧社格 官幣大社
主祭神 神武天皇 (じんむてんのう)
媛蹈鞴五十鈴媛命 (ひめたたらいすずひめのみこと)
配祀神
創建 1890年(明治23年)
拝観料 境内無料

宝物館: 300円
拝観時間 境内自由

神門内: 06:00~18:00 (6・7月は05:30から)
※10月から3月までは06:30~17:30 (12・1月は17:00まで)
授与所: 09:00~16:00
宝物館: 09:00~16:00 ※平日は要予約
駐車場 有料駐車場あり 500円 約800台
トイレ あり
文化財 重要文化財 橿原神宮本殿
霊場巡礼 神仏霊場巡拝の道 第33番(奈良第20番)
最寄駅 近鉄橿原線「橿原神宮前」駅より徒歩7分(550m)
バスは橿原神宮前駅より「橿原神宮前」で降車してすぐ

この日記のタグ

撮影日記神社・寺院
記事下部

ご意見掲示板